Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/kyameron333/meriek.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 310

超初心者向けgitコマンドの使い方

この度, 本格的にgitを使うようになったので、gitのコマンドベースの使い方のメモをまとめました

基本的な流れ

  1. リポジトリを作成
  2. ファイルを編集
  3. ステージにあげる
  4. コミットする
  5. リモートリポジトリの場合はプッシュ

リポジトリを作成

git init または Githubなどで作成してgit clone <URL>

リポジトリとは、 gitで使うディレクトリを作業スペースのような認識でリポジトリと呼んでいます。プロジェクト毎に違うリポジトリ(要するにディレクトリ)を作成するのが基本です

自分の手元のPC内だけでgitを使いたいときはgit initでリポジトリを作成しますが、Githubなどのリモートリポジトリを利用すれば、複数端末やグループで作業するのが簡単なので便利なのでそちらをおすすめします。

ファイルを編集

今までどうり、ファイルを編集するなどの作業をします

ステージにあげる

ステージとは、コミットするファイルを登録しておく場所です。ここにインデックスされたファイルだけがコミットされます。

git add <FILE>でステージにファイルをインデックスします(変更したファイルすべてをステージにあげたい場合はgit add -u)

コミットする

git commit -m 'コミットメッセージ' でステージにあるファイルがバージョン管理の中の流れとして登録され、いつでも過去のコミット内容を確認できるようになります

コミットメッセージはどのような変更を加えたかの説明です。自分で後から見て流れがわかるようにメッセージを残します

リモートリポジトリにプッシュ

git push origin master でローカルリポジトリの状態をリモートリポジトリに反映させます。git push <リモート> <ブランチ>です。git cloneした場合はoriginがリモートリポジトリとなります

プッシュされるまでは、変更内容はリモートリポジトリには全く反映されないでう。

流れのまとめ

  1. git init or git clone <URL>
  2. git add <ファイル名>
  3. git commit -m 'commit message'
  4. (git push origin master )

ブランチ関連

gitはブランチを作ることで作業を枝分かれ上に分けたり、後から結合して一つにまとめたりできます

git branch <ブランチ名>ブランチの作成
git checkout <ブランチ名>作業するブランチの変更
git checkout -b <ブランチ名>ブランチをつくって作業ブランチを変更

変更内容をmasterブランチに反映させたいときはgit checkout masterでmasterブランチに変更したあとgit merge <ブランチ名>

その他のよく使うgitコマンド

git status リポジトリ内でのファイルの状況を確認できます(どのファイルが変更されて、ステージにあるかなど)

git pull リモートリポジトリの状態を取得して、作業ブランチにmergeします。複数人での開発や自分が作業しない場合などにリモートリポジトリをそのまま反映させたいときに使います

git branch ブランチ一覧を表示します

gitはVSCodeを使うのも便利

この記事ではgit のコマンドベースでの使い方を解説しましたが、Visual Studio Codeというエディタを使うことでgitを視覚的にわかりやすく利用することができ、こちらもおすすめです。