エックスサーバーでHomebrewを使って開発環境を構築

レンタルサーバーであるエックスサーバーでpythonやphpの開発環境を整えるためにHomebrewをインストールしたので、その手順をメモとしてまとめました

エックスサーバーではもともとpythonやphpはインストールされていますが、普通はプロジェクト毎に仮想環境をつくってバージョン管理するものなので、バージョン管理システムは必須ですね。(そもそもsudoが使えないので必要になるはず)

ちなみに公式ドキュメントを参考にさせていただきました

エックスサーバーにSSH接続

サーバーパネルにログインして、いろいろ設定してssh接続できるようにしますが、ここでは省略します。(そんなに難しくないです)

gitからhomebrewをもってくる

私の場合はもともと入っていたので不要でした。ls -a | grep .linuxbrew.linuxbrewがあるなら不要です

gitはバージョンが古いですが、もともと入っていたものを使います。(最新バージョンのインストール方法がわかったらまとめようと思います)

git clone https://github.com/Homebrew/brew ~/.linuxbrew/Homebrew

brewコマンドが使えるように設定

上から1行ずつ実行します。これでどこからでもbrewコマンドが使えるようになるはずです。

test -d ~/.linuxbrew && eval $(~/.linuxbrew/bin/brew shellenv)
test -d /home/linuxbrew/.linuxbrew && eval $(/home/linuxbrew/.linuxbrew/bin/brew shellenv)
test -r ~/.bash_profile && echo "eval \$($(brew --prefix)/bin/brew shellenv)" >>~/.bash_profile
echo "eval \$($(brew --prefix)/bin/brew shellenv)" >>~/.profile

Homebrewが使えるか確認

brew --version

これでHomebrew x.x.xとバージョンが出力されれば成功です。

お疲れ様でした